ウィンゾリー 実生記録20190719

パキポディウム ・ウィンゾリー の播種後の経過。

都合2回に渡って撒いているが、今回は一陣組の経過を観察してみよう。

f:id:yashichi20180221:20190718191611j:image

10粒撒いて5粒が発芽。

発芽率があまり良くないと聞いていたので、半分発芽は優秀な方か?

 

脱落者無く順調に成長中。

f:id:yashichi20180221:20190718191623j:image

だが徒長気味のような‥。

 

アガベが混じってる‥

f:id:yashichi20180221:20190718191635j:image

今更なんの品種か見当もつきません!

 

現在悩みどころは日照不足。

ウィンゾリー に限ったことでは無く、播種した全て、屋外で育ててる草花夏野菜等々、太陽が足りんよ!!

今年の梅雨は中々の植物泣かせですわー。

雨続きで土は延々濡れたままだし、気温も低く梅雨の晴れ間も殆ど無い状態。

毎年種子から育ててる唐辛子も幼苗の状態から全く成長しなくなってしまった。

去年の今頃は日差しガンガンの茹だるような暑さだったのに‥。

夏大好きな自分にとってもテンションだだ下がりな訳ですよ。

みんな徒長しちまうぞー

早く梅雨明けろー

 

 

食虫植物が続く。

前回のネペンテス  に続き、また食虫植物を購入してしまいました。

f:id:yashichi20180221:20190716074943j:image

サラセニアです。

品種はプルプレアってやつですかね?

プルプレアの何なのかは詳しくないので不明。

プルプレア・プルプレアってのが普及種みたいなので多分それなのかしら?

 

新芽も出始めてます。
f:id:yashichi20180221:20190716074946j:image

ネペンテス  とはまた違う魅力的な形の壺。
f:id:yashichi20180221:20190716074940j:image

そしてまた魅力的な苔のオマケ付き。
f:id:yashichi20180221:20190716074935j:image

 

 

サラセニアの育て方は日当たり良好で水は切らさず。

冬場も屋外でOKらしいので、ハエトリソウと同じ感覚で大丈夫なのかな。

環境が合えばモリモリ増えるようなので、早く我が家に馴染んで一面サラセニア畑にしたいものだ。

 

いや、

流石に気持ち悪いな。

 

あぁ、そんな季節だな。

家庭菜園で育ててるミニトマト

色付いてきたのを片っ端からカラスに持っていかれ怒り心頭。

対策しようと防鳥ネットを求めに久し振りにダイソーへ。

 

そして今年も出会いました。

f:id:yashichi20180221:20190714212022j:image

ダイソーアデニウム  。

今年の梅雨は雨続きの梅雨寒が長引いてて、どうにも季節感が実感できない現在。

そうだね、君達が出回る季節だったよ。

 

そして恒例のずぶ濡れ用土から早々に解放だ。

f:id:yashichi20180221:20190714212050j:image

 

根はしっかりしてる、無事な様だな。

f:id:yashichi20180221:20190714212103j:image

 

去年は狂ったように通い詰めて、10株以上のアデニウム  を集めた。

今年は流石に去年程の情熱を傾けられないが、見つけたらやっぱり買っちゃうんだろうなぁ。

 

 

 

 

買っちゃった。

柄、大きさ、誘惑に勝てずに買ってしまいました。

f:id:yashichi20180221:20190711204411j:image

ネペンテス  ・ミランダ。

食虫植物は増やさないぞと思ってたんですけどね、意思弱いねー。

 

だって

f:id:yashichi20180221:20190711204420j:image

まずこの柄、素晴らしいじゃないですかー。

 

次に大きさ

f:id:yashichi20180221:20190711204431j:image

デカいわー。

調子良く育つともっと大きい袋になるらしい。

 

堪らんわー。

 

ついでに名前は知らないけど魅力的な苔も生えてた

f:id:yashichi20180221:20190711204445j:image

コイツはまた別で育てていこうっと。

後で名前も調べないと。

 

ネペンテス  ・ミランダ。

管理方法はアラタと一緒で難しくなさそうだし、2つ並べて姿形を堪能しようかなぁ♫

 

 

発芽早ぇーよ。

昨日播種の報告をしたばかり。

記事にするのにタイムラグはあるものの、中1日で発芽し始めた。

 

だがしかしFockea edulisが‥

f:id:yashichi20180221:20190711204338j:image

コイツ等発芽はしているものの、菌糸塗れになっていたのだ。

慌てて殺菌剤散布したものの、既に半分位はブヨブヨで死亡確定。

発芽率が良かっただけに残念。

 

Adenium somalense var. somalenseも殆どが発芽を始めていた
f:id:yashichi20180221:20190711204346j:image

 

菌糸拡大を防ぐ為にも Fockea edulisの生き残りを消毒して種蒔き用土へ移動
f:id:yashichi20180221:20190711204351j:image

なんとか根付いて欲しいものだ。

 

ついでに Adenium somalense var. somalenseも移動させといた。
f:id:yashichi20180221:20190711204342j:image

コイツ等は今の所菌糸の心配は無さそうだし良かった。

 

Fockea edulis。

状態を見ると殆どの種子が発芽していただけに残念でならない。

殺菌剤で湿らせていたんだけど効果がなかったみたい‥。

発芽させる時は1つ1つの間隔を開けて二次被害を防ぐ様にしなきゃダメだな。

失った種子は悔しいがまた勉強になったぞ。

 

これで最後にするって!

ホントに今回で最後しましょう。

播種です。

f:id:yashichi20180221:20190709231030j:image

Fockea edulis 10

Adenium somalense var. somalense 10

Yucca rigida 10

既にメデテールで一晩浸し済。

 

それと冬型なので涼しくなったら撒こうと思ってるコイツも購入。
f:id:yashichi20180221:20190709231024j:image

Albuca concordianum 10

南アフリカ原産の葉っぱがクルクルしてる球根植物。

 

そして今回も土は使わずにキッチンペーパーに浸して発芽させてみようと思います。
f:id:yashichi20180221:20190709231027j:image

色々コストカット出来るし、何より準備が楽( ´_ゝ`)

土の場合と発芽や成長に大差なければ来年からはこの方法をメインにしようっと。

阿修羅の成長具合を眺めてみる。

今年のまだ雪降る寒い時期にメ◯カリにて購入したフェルニア ・阿修羅。

f:id:yashichi20180221:20190703195745j:image

寒い季節ながらも室内管理の下、少しずつ成長を続けていた。

 

しかし気になったのが先端の細い部分。

徒長かな?と心配していたが、暖かくなり屋外管理で日光を浴びさせていたらだいぶマシになってきたのでなかろうか。
f:id:yashichi20180221:20190703195742j:image

そしてそして、情報では仔を沢山出すと聞いていたのだがどうだろう?

 

おぉ?
f:id:yashichi20180221:20190703195748p:image

居たー!!

3つ、そして写ってないが後ろの奥の方にも1つ出てきてるのを発見。

まだ小さいが全部で4つの仔が出てきているのを確認できた。

 

うん、上出来上出来♫

後は花が咲いてくれればなぁ。

ガガイモ科の花は臭いらしいが、あの奇怪な花の形、一度この目で確かめてみたいなと思う。